■長い1日の終わりに@反省する

パワーアップしたぢゃっく@SKR!(註:装備だけ)

旧装備を銀行にしまっていると。。。ん?  隣の方が、クリスを捨てた。

プロパティを見ると、「魔道武器-26」

おお!マゲ上げに最適ではないですか!
速攻で拾います(爆

魔道クリスを拾ったことによって誘発される「魔法スキルの修行をせねば!」という
意識。。。
はい、流されやすい性格なのですね(^^;


空きルーンを買ってきて、ワンドを手に持ちマークスク使用。
はい、魔法スキル52です(ばく

クエストのホードミニオンをサクっと討伐して、クエストを進めます。
騎士クエストは、ヤングクエストの戦士・魔法使いのクエストとほぼ同じです。
ホードミニオン討伐の次のお題は「魔法使いのスクロール」入手です。
ご存知の通り、鉱山のSchmendrickに話した後、弟子の死体を探れば巻物が手に入ります。

しかし、ぢゃっくはマゲ上げ中(おぃ
魔道武器(先ほど手に入れたクリス)装備でこの鉱山に沸く「幽霊」を倒すと、
魔法スキルががんがん上がっていきます。

鉱山内部の幽霊はぢゃっくの直前に鉱山へ入った方をターゲットしているようです。
では、遠慮なく後ろからばっさりと・・(^^;

photo

巻物を手に入れてしまうとこの鉱山にはは入れなくなりますので、弟子の死体は放置です。






テレポーターで町へもどり、ヘイブンはずれのムーンゲートへ!
行き先はミノックゲートです。

ミノックゲートを出て南西へ向かいます。
山脈沿いに西に向かい、コブトス入り口へ。
当然、突入です♪。

ハーピー、ゲイザーの合間を縫ってひた走り、L1出口へ。
ここでルーンを焼いておきます。

コープサー群生地帯でしばらく草刈りをします。
SSを上げつつ、戦利品の板と秘薬を貯め込みます。
たかが3個の秘薬ですが、ちりも積もれば・・・馬鹿にできません(^^;
また、一般シャードではNPCが板を@10前後で買い取ってくれるので、
序盤の資金稼ぎに最適です。

photo

荷物がいっぱいになったらヘイブンへもどり、銀行にストック。
再び、鉱山で幽霊退治 > コブトスで草刈り > 銀行 > 幽霊退治 ・・・
これを延々と繰り返します(爆
コブトスではたまにゲイザーが流れてくるので、数回魔法を貰ってから(レジ上げ)
倒します。
騎士って強いね(^^;


これで、武器・魔法スキルは60台までコスト&リスクなしで上げられますね。
魔法は幽霊のあと、草刈りに移行すればGM前まで秘薬無しで上げられます。

問題なのは、「非常にたいくつ」だということです(ある意味、致命的問題かも)。




案の定、「作業」に飽きてきたので一旦UO落ち。
撮ったSSの整理などしていると、IRCにH.Tのribonさん降臨!
たいくつしているそうなので、狩りに誘ってみました。

ううう、ribonさんごめんなさい。
単調な作業をしていたせいか、刺激的な狩りがしたかったのです。
よりによって「蛇城前広場」などに連れて行ってしまって・・・ごめんなさい。
ribonさんのサポートに手が回らず、何度も死なせてしまいました(><

しかも、おきにいりの「リンリン」ちゃんもリリースする事態に。。。(号泣
各街まで実際に出向いて蘇生を試みることをしなかった事が、悔やまれます。




この狩りで多くのことを学ばせて頂きました。

「自分の力量に合った狩場を選ぶこと。」

基本がすっぽり抜け落ちてました。@反省m(__)m




実は私はUO暦2年になります。
最初のキャラは「鍛冶屋テンプレート」で作り、生産の虜となってしまって
以後、生産キャラばかりつくっていました。
無限上陸後に初めての「狩りキャラ」ぢゃっくを作ったのですが、
ソロ狩りの経験しかなく、PTハントを理解していなかったようです。

今回の狩りで学んだことを、忘れないように書いておきます。

一つ、自分のキャラを理解すること。
・スキル構成、攻撃のパターン、マナ管理、得意とする事&苦手とする事。。。etc
・装備品の特徴。
・被ダメージ限界点。
・一度に対峙できる敵の数。
・パーティメンバーに対して、何をサポートできるのか。

一つ、パーティを組む相手の事を知ること。
・自キャラの各項目の他に、そのキャラが必要とするサポートの種類。

一つ、パーティの特性を知ること。
・パーティを構成しているメンバーの特徴を理解し、連携することの利点・欠点を知る。
・連携のパターン。

一つ、狩場を知ること。
・地形。
・スポーンモンスターの特徴。強さ、特殊攻撃等等。
・スポーンのパターン。
・危険地帯&安全地帯。


今回はペア狩りです。
ぢゃっくはメイジ系ですから、後衛に属します。
ribonさんは戦士系ですので、おのずと前衛になります。
ぢゃっくは扇動スキルを持っています。
使い方によっては、戦場を支配できる強力な武器になります。

ぢゃっくの役割としては、扇動しつつPTメンのHP管理・状態異常の回復などが
求められていました。
にもかかわらず、実際にはribonさんにまで気が回りませんでした。

プレイヤースキルの欠如ですね。
結果、サポートがまったく出来ないまま何度もribonさんを死なせてしまいました。
しかも、おきにいりのPETまでリリースさせてしまうという最悪の自体にまでなってしまいました。

ソロよりもパーティハントの方が、高いプレイヤースキルを要求されることに
気付かされました。
また自己の力量を上回る狩場には、決して誘ってはいけないことを教えられました。

サポートできないほど忙しいのは、私のパーティでのスキルに対して
狩場の難易度が高かったことを意味していますね。


こんなひどい目に遭っても、楽しかったとおっしゃってくださったribonさん。
心から、お詫びいたします。
そして、ありがとうございました。

 
Last Update : 2004.06.06