■世阿弥

チャン・イーモウ監督の「英雄-HERO-」を借りてきました。



作品自体はわかりやすいモノですね。
シーンが切り替わり少し経つと、各シーンの内容がほぼ予想できてしまう程です。
シーンごとに色を変える手法を採っている事を考えれば、それすら監督の意図の内なのでしょう。

CGや一部の演出に不満はあるものの、観客は単純に楽しめます。

なんていうかな、水戸黄門などのTV時代劇のような「予定調和」の世界。
画面を支配する色や役者のメークによって、各シーンでのキャラクターの性格描写を強調したり・・・。
きちっとした「型」があって、決して外れない安心感。




・・・うーむ。
読み返してみると、こき下ろしているような文だな(^^;
誤解の無いように言っておきますが、私はこの作品が好きなのです。



気に入っているところを、書き並べてみよう。

ネタバレになるので、この映画を見ていない方は自己責任でお願いいたします。  m(__)m
















































気に入っているところ(下に行くほどお気に入りです。)

(1)わかりやすい、色の使い分け
  秦国を表す「黒」。軍事を連想させる。暗殺者无名の衣装も黒。
  残剣と飛雪のシーンに使い分けられる、赤・青・緑・白の各色。
  愛憎を表す「赤」のシーンではメークが退廃的なのに対して、「青」では理性的な
  印象とか。。。
  自然の象徴である「緑」は残剣の境地。
  「白」が死装束なのはお約束ですね。”色ではない”白のシーンでひとつになる残剣と
  飛雪の心。

(2)中国各地の四季の風景
  1シーンの中でさえ、めまぐるしく変わる季節。
  なんといっても、湖上での対決シーンの美しさ。

(3)ジェット・リーとドニー・イェンのアクションシーン
  この二人と比べてしまうと、やはり他の出演者のアクションがかなり見劣りしてしま
  います(^^;

(4)・・・と、いいつつも他の出演者のアクション
  いや本当、がんばってます。
  3で挙げた二人以外は、アクション俳優ではありません。
  にもかかわらず、それなりのアクションシーンをこなすのはすごいことだと思います。
  もちろん殺陣がつけられたのでしょうが、魅せる演技にできる役者という人々のすごさを
  感じました。

(5)秦王役のチェン・ダオミン
  恥ずかしくなる位に「紋切り型」な台詞回しがカワイイ(*´▽`*)
  いい役者さんです。

(6)様式美
  登場人物の会話や所作等、折り目正しい様式美があふれています。
  また、物語もきっちりと「型」通りに進むところがいいです。
  







うーん、私は物事の表面的なこと以外への理解力が無いようだな・・・。







アクターという漫画に、こんな台詞がありました。

役者ってなその役の「こころ」を持てば観客を説得できる。
しかし、いろんな人間の「こころ」というものは見えにくいし、持つのは難しい。
「形」ってのは、「こころ」を持っているかのように見せかけるために磨き上げられた技術だ。
だが、観る者を本当に感動させるのは「形」じゃない・・・「こころ」なんだ。




「こころより出でて形に入り、形より出でてこころに入る。」




私のような観客では、役者の苦労も実を結ぶまい・・・反省、反省。

 
Last Update : 2004.08.08