■古代中国人のお名前

Yangiさんの日記に出てきた、諸葛孔明の名前についてウンチクなぞ・・・。



先ずは、基本的なところで・・・。

姓は諸葛、名は亮。孔明は字ですね。
姓は一族の名前、名は個人の名称です。
字というのは、元服の時に付けられる名前です。

姓・名については今の日本人と変わりがありません。
姓は生まれた一族によって決まり、名は親が付けます。

しかし、字というのは現代日本では使いませんね。
なぜ、字というもうひとつの名前があるのでしょうか。

古代中国においては、呪いの儀式に呪う相手の名が必要だったので、
自分の本名を知られることを嫌う風習がありました。

三国志の時代ではこの呪い自体はさほど信じられていなかったのですが、
相手に対する礼儀として、名を呼ぶことを避けました。
当時は儒教の影響が強い時代でしたので、礼を重んじたのでしょう。



ですので、相手の名を呼ぶのは「親」「君主」「師」などが使用するくらいでしょうか。
例:劉備の場合、母親が「阿備や、阿備や」と呼びかける。

また謙って自分の名を表すときに名は使われます。
例:「操ラ謹シンデ大儀ヲモッテ天下ニ布告ス」(曹操が反董卓連合を糾合するときに発した檄文)

Yangiさんのご指摘の通り、通常は、姓、名と字をつなげて使用しません。
例:諸葛孔明の場合、普段は孔明。あらたまった場で呼ぶ場合などに、諸葛孔明。

他にも、号というものがあります。
先に出てきた諸葛孔明は、劉備に致仕する前は「臥竜先生」と号していました。


氏姓というものもあります。
姓は一族の名前と言いましたが、氏というものは一族の中でのさらに狭い一族名称です。
住んでいる土地の名を氏にしたりとかね。
例:趙・黄・陳などなど。
氏は、変える事ができるのも特徴のひとつですね。


他に、諡号とかいろいろありますが、また別の機会に・・・。



まぁ、三国志をモチーフにした作品の多くで、部下が曹操に向かって、

「曹操殿!」

と呼ぶのが気になるどるちぇの戯言でした。




 
Last Update : 2005.03.12