■補完計画???

5月14日午後5時30分。北関東某私鉄駅前。

友人と待ち合わせているのだが、一向に現れる気配が無い。

ちょっとイライラしてきたところで、携帯が鳴る。

私に待ちぼうけを食らわせていた張本人からの連絡だ。

とある建物まで来るようにとの指示だった。



その建物の中は、驚くべき喧騒に満ちていた。

そのフロアには専門的な機械がずらりと並び、人々が真剣なまなざしで機械を注視している。

職員と思しき人が、きびきびとした足取りで動き回っている。



やっとのことで友人を見つけ出した私が問いかける暇を与えず、

彼は一枚のカードを私に差し出しながら、椅子に座るよう指示を出した。



私は何故、ここに居るのだろうか。

何の説明も無いまま喧騒の中に放り込まれ、自分の意思とは無関係に事が進行していく。

今日は外食の予定だった。

そのための待ち合わせだったはずだ。



私の話も聞こうとせずに、彼は機械についての簡単なレクチャーを始めた。

画面に表示される数字の意味。機械のコントロールの方法。

よく起こりえる状況での対処の方法。球体力学と反作用についてうんぬん。



もう一度、心の中で反芻する。

何故?




コントロールレバーを握ると、機械は作動し始めた。

小さな液晶表示される数字は、次々と書き換えられていく。




10分ほど経ったのだろうか。

周囲の喧騒とめまぐるしく変化する数字に頭が痛くなってきた頃、

何の前触れもなしにそれは起こった。




一瞬、機械が停止し静かになった。

画面が暗転し、そこに大きく「警告」の文字が・・・。

響き渡るブザー音。

オペレーターが絶叫する。

「暴走モード突入!」



暴走と大きく書かれた赤ランプが点滅する。

どうしてよいか判らずに怯える私に向かって、興奮した彼が何かを話し続けている。

何を言っているのかまったくわからない。





混乱した私の目に入ってきたのは、咆哮するエヴァ初号機と

画面に次々と映し出される「使徒」たちの姿。

そして・・・。




♪残酷な天使のように〜

♪少年よ神話になぁ〜れ



主題歌とともに、画面上に映し出されるムービー。

どうやら大当たりを引いたようだ。

どんどん増えていく銀球を箱に移し変えながら、さっきまでの不機嫌はどこへやら・・・。




15ラウンド終了後に、綾波レイちゃんがぶっきらぼうにつぶやきます。

「確率変動突入」





ふと時計を見ると午後8時を過ぎている。

足元には山積みにされた箱が、所狭しと並んでいます。

その数16箱・・・。






テンポのいいカット割で進行する動画はよく出来ていますねー。

3Dモデリングされたエヴァと使徒との戦いとか、とてもきれいで迫力があります。


でもね、あの大きな音量はなんとかならないものでしょうか?

刺激のある光の点滅に大音量の店内。

タバコの煙も相まって、頭が痛くなってしまいます。



どるちぇはパチンコをやりませぬ。

今回たまたま大当たりになっていっぱい出ましたが、周囲では頻繁にカードを買いに席を立つ人が多かったです。

友人に話を聞くと、数万円も失うときがあるそうです。

勝つときも数万円単位だそうで、いやはや、ギャンブルとは恐ろしい。



3時間くらいで8万円もの収入になったことで、返って怖いという思いを強めたどるちぇでした。

 
Last Update : 2005.05.15