■KANAさんに便乗

ネタがないので占いおば。。。(いつものごとく、反逆系と予想)

photo

クリシュナって、ヴィシュヌ神の化身の一つだよね。

その程度しかわからないので調べてみました。


カンサ王という暴虐の王を倒す運命を背負って生まれてきたそうな。
(やはり反体制であった)

王の息子の后の8番目の子が王を殺すとの予言があって、恐れた王は息子と后を牢獄に入れて生まれてくる子供を次々と殺していく。
8番目の子としてヴィシュヌが宿ったとき、牛飼い村で生まれた子供のヨーガ・マーヤー女神と取り替えるように言われて、クリシュナは無事に生きのびる。
この辺りは、ケルト神話にもよく似た話が伝わっている。

で、いつものごとく王が子供を殺そうとした時に女神が正体を現して8番目の子供が生きている事を告げ、王をいさめる。
王は許しを請い、息子とその后を解放した。

成長したクリシュナは色々な悪魔を退治する英雄となる。
でも予言を恐れる王は事あるごとに悪魔などを差し向けて、クリシュナを殺そうとする。
そのことごとくを打ち倒して、ついにカンサ王を殺すのだ。

クリシュナの最後は、ジャラという猟師に獣と間違えられてかかとを矢で射られて死ぬ。
この逸話はアキレウスを連想させるね。

世界の神話は、驚くほど良く似た話が伝わっている。
実際にあった話が寓話化されて、人の交流と共に広まったのかのようだ。




KANAさんはカーリー神か。
シヴァ神の妻で破壊と殺戮の神さまだね。
斎女伝説クラダルマでは、シンシアの神格がカーリー神だったなぁ。
私の持つカーリー神の絵としてのイメージは、夫のシヴァ神を踏みつけているヤツです。(笑い

Filamさんのサイ・ババは有名な導師かな?
立場的にはギルミスと導師、共通するものがありますね。

 
Last Update : 2006.06.06