■【時事】 コースター事故

連休中に起きた痛ましい事故。

(株)エキスポランド社の姿勢に憤りを感じる。

「"加工"に問題のあった可能性。」
「解体検査は義務ではない。」
「法令違反は無く、検査したとしても事故を防げたかは分からない。」

営業部長の言葉の言わんとするところは「私たちの責任じゃないよ!」ということですね。

破断した車軸に関して、
「探傷検査が義務付けられていることを知らず、認識が甘かった」
「今回の事故で折れた車軸は、周囲の五つの車輪をまとめて車体と接続する『棒』に過ぎない。JISで定められた『車軸』とは違う」(毎日新聞記事より)

認識が甘かった・・・過去形ですか?

折れた"車軸"と同じ「棒」はJISで定められている「車軸」ではないから、今後も検査をする事はないと受け取って良いのですね?


耐用年数の明記が無いから15年も交換しない。
連休で忙しくなるので検査は後回し。
新アトラクションの導入と時期が重なったので、解体検査はやれなかったけれどやったことにしておく。


何も今回の事故のことだけではない。
責任を問われる事を回避する風潮が目立つ現代社会。

国・企業・個人・公務員。
ありとあらゆるものが責任回避を第一に考えている。

閣僚にさまざまな問題を抱える首相のいうところの、「美しい国」。

前首相の推し進めた「自己責任」。


時代はいよいよ弱肉強食となってきました。

 
Last Update : 2007.05.08