■【時事】 クラスター爆弾

久間防衛相の談話。
「日本が蹂躙されるよりは、国民に被害が出てもクラスター爆弾使用した方がいい。」


それを日本語で詭弁と言います。

その発言を深読みすれば、「日本が攻め込まれる事態になるより、核保有による抑止力を確立した方が良い」という事への布石に思えてきます。


クラスター爆弾の不発子爆弾、対人地雷、劣化ウラン弾、etc...。
これらの被害に遭いやすいのは、多くの場合、子供です。
対人地雷では足を失ったり、劣化ウラン弾では被爆による後遺症に悩まされることになります。

だからこそ、それを使用しない防衛方法を模索するのが本道ではないでしょうか?

久間防衛相。
あなたは仮にもシビリアンなわけですから、ミリタリーの理屈をそのまま受け入れないで頂きたい。
あなたの発言は、あまりにも不見識過ぎます。

国を守るということは大変なことです。
楽しようなんて考えないで頂きたい。

 
Last Update : 2007.05.25